TOEIC800点を超えるまで英語を勉強し続けるブログ

英語学習と云ふは死ぬ事と見付けたり

スポンサードリンク

ロビンさんのOlympus M.Zuiko 25mm F1.8レビュ

Robin Wong: Olympus M.Zuiko 25mm F1.8 Review Part 1

 待望のロビンさんによるOlympus M.Zuiko 25mm F1.8のレビュです。

 最初に50mmという焦点距離の重要性について語っています(マイクロフォーサーズセンサだと25mmの焦点距離は35mm換算すると50mmになるので)。

Countless photographers have also highly recommended to just stay with one lens, which is the 50mm focal length to improve your vision.

 多くの写真家が50mmのレンズ使うとカメラがうまくなるよといっているとのこと

The images appear more convincing and real, similar to what we can see with a single eye vision (hence it is close to what our eyes see shooting through the traditional viewfinder when you can see through the viewfinder with just one eye).

 よく言われることなのですが、50mm使った時は、片目で見た時とちょうど同じ視野になると言っているようです(適当な訳)。

I admit that the 25mm F1.8 is not as sharp as the 75mm F1.8 (one of the sharpest lenses around in the market) but the look and feel of the images somehow came out with similar tones. This is the main reason, straight out of the camera, images from the 25mm F1.8 actually looks a tad bit better than the 45mm F1.8.

 25mm F1.8は75mm F1.8ほどシャープではないけど、トーンは似た感じとのこと。45mm F1.8よりわずかによいとも言っています。ここの"a tad bit" は "very slightly"と同義で非常にわずかという意味のようです。あの神レンズと評判の45mm F1.8に迫る性能ということで非常に期待がもてますね。

 最後に友人のジャッキーさんのブログでBCL-0980の作例があるよと紹介しています。

Chinese New Year shooting at Pudu Wet Market ~ A Journey Called Jloi
Petaling Street and Temple Shooting ~ A Journey Called Jloi

 こちらのブログも必見。結構よい写りをしています。