TOEIC800点を超えるまで英語を勉強し続けるブログ

英語学習と云ふは死ぬ事と見付けたり

スポンサードリンク

Fujifilmへのインタビュ 〜戦略は革新(イノベーション)を続けるのみ〜

Fujfilm interview: 'The only way is to keep innovating': Digital Photography Review

 CP+2014でのFujifilmへのインタビュ記事です。

Fujifilm recently announced the high-end X-T1 - how popular has it been at the CP+ show this year?

It’s been incredibly well-received. just after the announcement in January we conducted some user events in several cities in Japan and compared to similar events last year the number of customers who attended had almost doubled. This shows the high level of interest.

富士フィルムは、最近ハイエンドモデルのX-T1を発表したけど、CP+での反応はどう?

実によかったよ!1月に発表した後、日本のいくつかの場所でユーザイベントを行ったんだけど、昨年の似たイベントと比べて約倍のお客さんがきたよ。期待値が高かったみたい

 と、おおむね好評なようです。

 また、ローエンドモデルの開発に聞かれると

Do you still need the low-end customers?

Yes because there is still a market, mainly in Asian countries for consumers who are stepping up from compacts, and we cannot ignore them. But our main focus now is high-end.

まだアジアで市場あって無視できないから続けるよ、でもメインはハイエンドだね

 オリンパス等、ローエンドから撤退する企業も増えていますが、まだフジは続けるようです。でもやっぱりローエンドはスマホなどに押されてあんまり儲からないようですね。

 将来戦略に関しても聞かれています。

Times are tough in the camera industry - what is your strategy for the future?

The only way is to keep innovating. We need to give customers reasons to upgrade or replace their camera, and mirrorless is a big opportunity. The weight is less, it’s smaller, the shutters are quieter and we now have a good enough lens lineup. Our challenge as I said is consumer awareness, but if a customer understands the benefits, there’s no reason not to change from their DSLR.

将来戦略は?

革新(イノベーション)を続けるのみだね。私たちは顧客にカメラを買い替える理由を与える必要があって、ミラーレスは大きい機会だ。軽いし、小さいし、シャッター音は静かだし、レンズのラインナップも揃ってきたしね。顧客がそのことに気づいて良さを理解してくれれば、きっと一眼レフから買い替えるよ!

 まさに攻めの姿勢ですね。今はミラーレスにますます力を入れるようです。フジのミラーレスや高級コンデジは結構興味あります。前の機種はちょっとレスポンス悪く感じましたが、X-T1はどうなんでしょうね?