TOEIC800点を超えるまで英語を勉強し続けるブログ

英語学習と云ふは死ぬ事と見付けたり

スポンサードリンク

Olympus 25mm F1.8のレビュ 2連発 このレンズの愛称は'nifty fifty'

Robin Wong: Penang Shutter Therapy with Olympus OM-D E-M10 and M.Zuiko 25mm F1.8

Olympus 25mm f/1.8 Lens Review: A ‘nifty fifty’ for Micro Four Thirds that’s fast, sharp and affordable

 今私が最も気になっているレンズ25mm F1.8のレビュ2連発です。1つ目はおなじみロビンさんのレビュ。相変わらずうま過ぎて参考になりません。場所はペナンのジョージタウンかな、私も以前いったことがあったりします。

 もう一つはImaging Resourceさんから。'nifty fifty'って表現はなんだろうと調べてみたら Canon EF 50mm F1.8のWikiにありました

Because of its low price and sharp optical quality, this lens has earned the nicknames 'nifty fifty' and 'plastic fantastic'. When shooting at f/1.8, it offers a very shallow depth of field which is beneficial for isolating subjects against a blurred background (bokeh).

安くてシャープな光学特性から、このレンズは 'nifty fifty' と 'plastic fantastic'というニックネームを与えられている。F1.8で撮影するとき、非常に浅い被写界深度で、ボケた背景に対して対象を切り離して撮影するのに有利だ

 ということで非常に名誉あるニックネームを与えられ、レビュも非常に高評価のようです。詳しくはリンク先で!